Uncertainty No.2 幼年期の終わり(Chilldfood's End) 忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

幼年期の終り (ハヤカワ文庫 SF (341))

新品価格
¥907から
(2014/7/28 21:14時点)

書名:幼年期の終わり(Chilldfood's End)
著者:アーサー・C・クラーク

読んだ後に、”何か”が成長するSF


 ついに人類が宇宙へと飛び出そうとしたとき、オーバーロードと名乗る宇宙人の宇宙船が現れて、人類を地球に隔離した。
 しかし、彼らは侵略をせず、人類に技術を提供し、平和な世界を構築していく。ただ、彼らは姿を見せず、宇宙に飛び立つ事だけは禁止していた。
 オーバーロードの庇護の下、数百年単位で人類の文明は発展していく。その途中で、オーバーロードの目的と彼らの背後のある存在の事が明かされていく。
 そして、”幼年期の終わり”という題名の通り、終盤で、人類は幼年期を終えて、次の段階に移る。人類の行き着く先は…


 SFだが、哲学的要素も強い作品です。
 詳しくは述べませんが、バッドエンドとも、ハッピーエンドとも取れる驚きの結末が待っています。
 この結末を受け入れられるかは、人それぞれでしょう。個人主義が正しいと言われる事が多い現在の常識からは、到底通用するものではありません。しかし、それを善でも悪でもなく、あくまで幼年期が終わった次の段階として描き切った所が、この作品の優れた点です。

 争いの世界から、生命体が進化を遂げるパターンは多いですが、こちらはきちんと平和な世界が出来てから進化が生じる辺りは、物語性よりも現実味を重視しています。そういった点がファンタジーではなくSF的です。

 オーバーロードと彼らを背後で操る存在のオーバーマインドは、非常に対照的で進化の行き着く二つの極限の比喩とも取れると思います。

 意外な結末を描く事で、読者の方もセンス・オブ・ワンダーを感じ、”幼年期”が終わり、成長するかもしれません。

PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
プロフィール
HN:
刹多 楡希
HP:
性別:
非公開
自己紹介:
気になった作品の紹介や批評を中心に行っています。
カテゴリー
P R
忍者ブログ [PR]